FX取引のレバレッジについて

FX取引の最大の特長は、FX口座に入金した自己資金の数倍〜数十倍の額面の外貨を売買できる事にあるでしょう。 FX取引の初心者の方でも、レバレッジという言葉を聞いたり見たりしたことがあると思います。 レバレッジとは、自己資金に対して何倍の額面取引をするか、その倍率の事です。 レバレッジを1倍で設定すると、5万円のFX口座残高で取引できる外貨は、日本円換算で5万円までとなります。 レバレッジを10倍で設定すると、5万円のFX口座残高で取引できる外貨は、日本円換算で50万円までとなり、レバレッジを20倍で設定すると、5万円のFX口座残高で取引できる外貨は、日本円換算で100万円までとなります。 少額の自己資金で大きな額面の外貨を売買し、発生する為替差益を利益とできることが、レバレッジのメリットです。 為替の動きが少なくても、一度に売買する外貨の額面が大きければ大きいほど、為替差益が発生します。 現在日本国内のFX業者のレバレッジ倍率は上限25倍までですから、有効に活用するとよいでしょう。